2017年12月11日 (月)

教室案内が新しくなりました。

自宅件アトリエがこれまでの大田区から西多摩郡瑞穂町に変わりまして、いくつかの外部の教室も残念ながらお暇しなければならなかったり、自宅教室に来ていただいていた生徒さんともお別れしなければならなかったり…辛いことも調整が必要なことも山ほどあり、それでもなんとかいろいろな変化にようやく馴染んできました。

そして新しい土地で心機一転、教室案内もようやく新しくしました。




B5版二つ折りで薄いわら半紙にプリントしました。
以前は美術印刷用のマット紙で作ったのですが、教室の雰囲気に合わせて手作り感のある大げさでないものにしました。


うちには猫がいて、私は暇さえあれば彼女を撮ったり描いたりします。猫はフォルムが美しいので描いた絵は加工して様々なことに使います。今回の案内の表紙もそうです。
猫好きの方以外はなんのことはないデザインだとはわかっているのですが…。








こんな風にいろいろ作ってます。

絵を描いてスマホで加工するだけでもうほんとにいろいろ作れます。先程の教室案内もスマホ、iPadでできました、ほぼ電車の中で。


自分がすごい!と思うことは教えたいじゃないですか…私はこのスマホお絵かき1日教室をやりたくて何度も企画しているのですが、どこにもご賛同いただけず…
変だなー。
^_^やってみたい方いらしたらご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

うさぎのパーティ屋さん bunny bunny💛

私ごとですが…

妹が始めた小さなビジネスのためにロゴマークを作りました。



かわいいうさちゃんの💛bunny bunny💛

女子のみなさんやママさんたちのpetite fête et grande fête(小さなパーティと大きなパーティ)をお手伝いするうさぎさんです。



パーティのメインは?
おめでとうの会?元気でねの会?とにかく美味しいものを食べる?綺麗になる講座?お料理教室?子どもと一緒にコスチューム撮影会?…
ご予算とご希望に合わせたいろいろなアイデアで必要なものを調達いたします。働き者で親切なうさちゃんが、ステキな思い出作りにひと役買うこと間違いなし!
こんなビジネスです。

楽しそうなので私もお手伝いしたくて、
親子で楽しめるアートレッスンや、シュタイナー関係の子育てワークショップなど、ただ騒ぐだけにならない、心が潤うような体験会をやってみたいと考えています。この時期だったらろうそく作りとかいいかなー…。
親子でアートを楽しんだり。子どもたちがアートしている間にお母様たちがゆっくりおはなしできるのも大切なことですし、お母様だけでアート体験するのも貴重な時間です。
例えば、子どもたちへのサプライズプレゼントを制作して、その後ゆっくりお食事をして…余裕があれば軽めのワインも。まだまた余裕があれば、今話題のスイーツも。お土産には並ばないと買えないパンを!これは明日の朝食に…。なんてね。

私の子どもはシュタイナー系幼稚園だったので、少しも派手なことなんてなかったけれど、ママたちの集まりはしょっちゅうでした。
先生を招いてノエルの贈り物を作ったり。幼稚園のバザーのための品物を作ったり。このような時間は本当にかけがえのない体験でした。(これが高じてプロの人形作家になった方もいます)
手先を動かすことで人は緊張がほぐれます。共通の目的のために集まったこともあり、あまり親しくなかった方ともリラックスしておはなしができて、その人のステキなところを発見できます。

話逸れますが…シュタイナー教育の中では集会の場でミツロウ粘土をこねながら参加することがあるそうです。
実際にある小学校の特別講座にシュタイナー幼稚園の先生をお招きして講座を開催した時に参加者にミツロウ粘土を手渡しました。
後で聞くと、皆さんすごく集中して聞けたとお話されていました。
会議の席でも同様で、手先を使うことで緊張が緩和されるし頭もクリアになるので良いアイデアも生まれるのです。ぜひ会社なんかでもやってもらいたいけれどちょっと不思議な光景になりますね。

さて、ママ友って…
不思議な存在です。
多くは子どもの学年が同じことでママ友になるのでママの年齢は関係なく、友だちです。
学生時代の友だちや職場の友だちが注釈なしの本当の友だちだとしても、ある部分でママ友は本当の友だち以上に大切で苦楽を分かち合える存在です。
子育てというものすごく大変で最高にハッピーな時期を一緒に歩いた同士ですからね。ある時は羨ましすぎて妬ましく、でも子どもが病気と聞くと心配で心配で矢も盾もたまらず良い病院さがしに奔走する。こんな矛盾したのも愛ですよね。

bunny bunnyのInstagramをリンクにしましたので
ママ友を作ったり、ママ友ともっと仲良くなったり、ママ友関係なくても子どもに楽しいイベント体験をさせてあげたいなとお考えでしたら覗いてみてください。



子ども関係なしの女子会企画も楽しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

おすすめ Flying Tiger Copenhagenの花の塗り絵 大人も子どもも

この前見つけたFlying Tiger Copenhagenのぬり絵はとても良かったです。

パッドになっていて500円全部お花の図案です。
細かい部分もあるので色鉛筆がおすすめですが、もちろん水彩でも楽しめます。
子どもでも大人でもやる人によって仕上がりがいろいろになるのがぬり絵の面白いところですね。
塗り見本は付いてないので実際の花をよく見て塗らないといけないところがより好ましく、レッスンにも取り入れたいと思っています。絵の練習にもってこいです。


表紙もいかにも洋物っぽくてかっこいい。

水彩絵の具で塗ってみました。

表紙にある様な塗り方をするならもっとさらっと色を重ねゆったりと描くのですが。これは透明水彩絵の具の特徴が活かされた一番好い塗り方だと思います。
一方私が塗ってみた方法は日本画のやり方に近いです。一つの筆で色を置いて、それを水を含ませた別の筆でぼかしてます。 ダリアの花びら一枚一枚と向き合う細かな作業です。
余談ですが、好んで使う画材は正確によるところが大きく、細かい作業をキリキリと詰めていくのが性に合う人は日本画が向いていると思います。
水彩絵の具が好きな人は勇気のある人です。他の画材のように上から塗って潰してしまうことができないから一筆一筆が一発勝負の連続ですから。




ぬり絵はパッドになっているので図案はたくさんあります。いろいろ試せますね。
ページの隅には花の名前が英語で書いてあり、そこもステキです。


〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰
美術教室ヽ(^o^)色とかたちは、瑞穂町/自由が丘/川崎市で開講してます。子どもクラス/大人クラス/療育サポートクラス
受講のご希望お気軽にメッセージください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

瑞穂町人材リストに療育美術の講師の登録しました。

夏の休暇は自宅でゆっくりと過ごしました。
掃除と庭の手入れ以外ほとんど何もしなかったのに1週間があっという間。恐ろしい。

その中でやった唯一ちゃんとしたことは転居後2ヶ月である瑞穂町の社会教育課に講師の登録をしたこと。実際は登録用紙を持って行っただけなのですが。社会教育課の入っているスカイホールは山?の上にあり側の公園にはちらりと蓮池の姿も…絵を描く材料だらけの自然を発見!よし。


スカイホールからの展望が素晴らしい。敷地内慰霊碑側には大好きなアンネの薔薇もありました。咲いてはなかったけど。

さて、今回登録したのは、発達障害児や不登校児向けの美術講師の登録です。
もしも、
学校という社会と上手く繋がれないという子どもやご家族がいて、救いの手を求めてどこかに相談するとしたらそれは役所だろうし、役所はそのような場所でなければならないはずだから、そういう場としての機関が活性化してほしいという願いがありました。

美術はとても広い世界です。苦手や嫌いがあったとしても、得意と好きも
きっと見つけられます。
自信が持てるコトを見つけて、ゆっくりでもしっかり成長してほしい。この町でもそのような活動ができたらいいなと思います。

瑞穂町にお住まいで、ご興味のある方は瑞穂町総合人材リストで検索してみてくださいませ。ジャンルは福祉になってると思います。

…残念ながら町の人材リストは充実しているとは言い難い印象を受けました。福祉、工芸、音楽、手芸…項目はだいたい多方向にある。しかしそれぞれの登録者は多くはないです。登録されている先生たちの中には、無償でやってくださる方も少なくなく、面白そうでためになる講座ばかりなのに…。閲覧数はどのくらいなんだろうと訝しんでしまう。情報が少なければ当然利用者も少ないよねぇ。利用者が増えれば登録者も増えるのかな。

困ってる人や悩んでる人がいて、求めに応じたサービスを探せる仕組みはとても素敵なので、もっともっと活性化してくれることを望みます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

クイズ 何色の絵の具かな?

ウチの子どもが小学生の頃、科学の教室に通わせていました。
そこでは全ての課題が仮定→実験→結果→考察といういう流れでした。それが科学の特徴よね。なるほど。と思ったものです。

私が今教えている子どもの美術も似ています。

こんな感じの絵を描こう→こうやればいいはずだ→やってみる→上手くいったところと上手くいかなかったところの理由に気付く。

美術の場合は科学よりずっと感覚的ですがある程度頭で学ばないと上達しません。でもそれはテキストで勉強するのではなく、経験を頭に刻むことになります。

だから、間違ってもいいからやってみよう!なのです。そして失敗から学ぶ。ここで人生の教訓まで学べてしまうのですね^_^

だからお勉強っぽくならないようなクイズを考えるのは一苦労。無理に考える必要もないのですが、小さい子どもたちへのお手紙なんかにクイズが付いてると楽しいかなと…。


これは混色のクイズです。❓の絵の具はなんですか?正解はこんど試してみようね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

フォトブック…しまうまプリント で、作品集を作る。

iPhoneやiPad で しまうまbook というアプリがあります。これは写真をフォトブックにするサービスで、
私は作品をまとめる必要がある時によく利用しています。


もとも知り合いの写真家さんが作ってギャラリーで販売していたのを見て知ったので、写真家さんが利用するだけあって値段の割に見た目がキレイです。

CDサイズで1部500円程度で出来るので、クラスの記念アルバムや、お子さんの作品をまとめてみてはいかがですか?
…と、お勧めしたいのですが…やってみるとおそらく想像される以上に手間がかかります。

ということで、発注の仕方などあれこれをまとめておきたいと思います。

私は所属している美術協会の作品集をこれで数回作っていますので、その工程を例に解説します。

⭐️まず、しまうまプリントの利点
値段が手頃。値段の割に装丁の見た目が良い。冊子になってるから保管しやすい。スマホの中で全て出来るから移動中に作業可。1部でも発注OK。
⭐️個人的に不満足な点
レイアウトの自由度が低い。(ただ、他者の一発レイアウト式よりはずっと自由)テキストの自由度が低い。写真があまりキレイではない。

では、ここから作業〜

まずは展覧会中にiPad Airで作品を一枚ずつ撮影。額にアクリルが入っている場合は反射するので額から出して撮影。作者の名前がわからなくかると困るからあいうえお順に撮る。

iPad Airの写真をPDFに変換するアプリで四角く整える…トリミングではない。普通絵を撮影するとやや台形に傾くので、フレームを手動で長方形にする。

PDFファイルからiPad Airの写真フォルダに保存し直す。

写真合成アプリで作品の背景に白地を合成する。

再びiPad Airの写真フォルダに保存し、編集機能で作品の周りに少し白地バックが付くようにトリミングする。

しまうまプリントのレイアウトページに写真を一点ずつ配置しながらタイトル、名前などのテキストを入力する。決められた枠の比率に当て込むので、予め背景に白を作っておかないと絵が切れる場合がある。(紙が白地なので写真の背景の白地は紙と一体化し見えなくなる)また、ファイルサイズが小さいと大きくレイアウトすることが出来ない。





レイアウト画面

できたら写真が切れてないか、順番やテキストの間違いがないか確認。
1部だけ発注。ワンタップで簡単。

色校正はできないのでしまうまプリントにお任せ。

出来上がりはだいたい2週間くらい。自宅ポストに届くので、それを会の会長に送って内容を確認してもらう。*クラスのアルバムなどをつくる場合は必ず誰かに確認してもらいましょう。1人で確認するとどうしてもミスを見逃しますし、2人なら責任も半分こです。

直しがなければ必要部数を発注。一度作った作品集はしまうまプリントが180日保存してくれるのでその間なら発注後数日で届く。メール便を使えるので送料も安価。カード払いならポストに届くので受け取りも手間いらず。
直しがあれば直して発注。それでも割とすぐに届く。



表紙の色も選べます。

CDサイズ。


手間がかかるけど写真の再現度を別にすればなかなかの仕上がりです。

この場合絵画展の作品集なので、写真がキレイでなければね…というのもありますが、記録用としては満足頂けているみたいだし、まずまずかと。

もし、写真の端が少しくらい切れても大丈夫なものであれば、スマホで撮影してそのままレイアウトしてもいいと思います。


私の作品集も作ってみました。

これは写真がよく出来てたので、千円で販売しました。作品の写真をデジタルで加工したものが多かったからかもしれません。

どうでしょうか、めんどくさいとはいえ頑張れば一日で撮影から発注までいけます。
作品をフォトブックにしておじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしても喜ばれるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

生徒さん募集開始です。

外の教室やお宅へ出かけていく事が多かったのですが、引越したこともあり、新しい土地でやってみたいなと思っていた自宅教室を開きました。


DMも完成。


愛猫もお待ちしております。…と言いたいところだけど、ひどく怖がりなので隠れちゃうんだろうな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

美術をやって数学も強くなる!

私が子どもの絵の先生になって何年か経つ頃に教えてた子が大学生になり❣️
その彼が私の展覧会に来てくれた。
今アルバイトで小学生の算数の受験指導をしていて…という話を興味深く聴く。
…算数が苦手な子の問題点はだいたい同じで、発想力の欠如なのだそうです。
設問をいろんな方向から考えて効率的な解き方を閃くセンス。それが足りない。

そんなようなセンスは毎日をどう過ごすかで培うことができるものです。
日常的ないろんな事に対しても、たくさんのアイデアが浮かぶ子は勉強もできるのでしょう。

だけど、みんな美術の教室に通えばいいのにとまた強く思ってしまう。

制作はそれこそアイデアをひねり出す訓練そのものなんだから。
もちろん勉強だけではなく、遊びを自分で作る子にもなれるんです。たぶんそういう子がクラスをリードしてゆきます。

大学生の彼はウチに通って来ていたころ、思いついたことをどんどんやってみて、素晴らしい作品になったり、作品自体が崩壊したり…面白かったなー。なにより体を動かすのが好きという野球少年で、少し落ち着けば良いと、お母様がウチの教室の門を叩いたのでした。
今では立派な大学の運動部に所属して、逞しく成長してくれました。
昔の作品が残っていればご紹介できたのに…残念。以前はブログもスマホもなかったからなぁ。

さて、そんな訳で閃きの練習をしたい方〜もし本人が嫌でなかったら、ぜひぜひお近くの美術教室を試してみてください。


↑物語を読んだ後に蛇というテーマで描いてもらった絵。蛇の顔だけ描くなんて斬新だわ。



ヽ(^o^)色とかたちの教室は、瑞穂町/自由が丘/川崎市で開講してます。子どもクラス/大人クラス/療育クラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

やった!絵画教室

絵を描いていて、つけっぱなしだったテレビ。ふと耳に飛び込んできたのが、

子どもを天才に育てた(東大に入れた)親御さんがさせていた習い事とは!?

クイズ形式になっており、回答者の答えは

野球…なるほど集中力がつくと聞いたことがある。
スイミング…これも自分との戦い!意思が強くなりそう。
あと二つ、忘れたけど。とにかく「絵」、なんてないよね…と思ったら、
なんと正解は
絵画
わー‼️そうよねそうよね。

東大入った子の習い事で絵画はとっても多いそうです。
これは私が、私だけではなく美術に関わる多くの人が声を大にして言ってること…美術のレッスンには子どもにとって、大人にとっても、良いことが数限りなくある!みんなもっと興味持って欲しい!(よろしければ過去ログをご覧ください)
この思いを褒めて貰ったみたいで少し嬉しかったですね。

実際絵画教室に通っていた方はインタビューで
「友だちは塾に行ってましたけど私はずつと絵画教室に通わせて貰って感謝している」
と言っていました。
楽しかったのねー。

当たり前ですけど、絵画教室に行けば東大に入れるわけではありません。

そもそも東大以上に素晴らしい道はたくさんあり、個人にとってのどの素晴らしい道にも適応する柔軟性を持つものが美術のレッスンだと思うのです。

しかも、いろいろな楽しみ方ができ、これは苦手でも、これは得意!と、その守備範囲はとても広く深いのです。



ぜひぜひ、美術教室の門を叩いてみてください。

調べたら私が見た番組は「ソダテル検定」という番組でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

モノよりコトのプレゼント!ぬり絵セット。

「モノよりコトのプレゼントを!」推進運動を地味にしております。

ミニマリズム…いいなと思うところがあり、時間、お金、心をつぎ込む先をモノではなくコト…行為にするという生き方をしたい。

美術の教室で身につけたコトはずっと身体が覚えていますから、一生の財産になります。記憶の分類では 自転車の乗り方と一緒で「手続き記憶」。描いてない時間があっても、いつからでもまた始められます。
従って出来た作品というモノより、制作のノウハウに注意が行くように指導しています。

もちろん断捨離も♡ずいぶん捨てました、そして買わなくなりました。自分が本当に必要なモノたちだけに囲まれて暮らすコトを目標に鋭意努力中です。
そのうちステキなアトリエ公開〜とか…しますよ。

さて、そんなことで、プレゼント…、贈り物も相手のアクションに結びつく物だったらステキだと思います。

手作りの材料になるものだったり、本や色鉛筆・・・、相手に合わせていろいろ考えるのも楽しい。

そんな中で今回はぬり絵ポストカードを作りました。大人〜シニアの方には脳トレプレゼントにもなります。


ポストカードなんだから当然ポストカードサイズ…図案は細かいです。しかし、細かい方が手先も頭も使うし、色の構成は細かい方が考え安い所もあります。
また、思い切って筆を使うと、思ったより細かい所を塗るのが簡単だということが解ると思います。

固形絵の具と筆、パレットがセットになっている物があれば、いつでも気軽に楽しめます。
固形絵の具とぬり絵セットでプレゼントしたら喜ばれますよ。私は喜ぶ!
少なくともセンスの良いプレゼントであることは確実です。

モノよりことのプレゼント運動のために、
ぬり絵セットは販売予定です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧