2017年12月28日 (木)

一日で出来る犬の絵の手描き年賀状

年の瀬も押し迫り、年賀状も投函したぞー!という方が多い今日この頃ではないかと思いますが、今から作る!しかも絵を描くところからという生徒さんがいらっしゃって…
しかし、考えてみれば印刷屋さんに頼むより、スタンプ押すより、効率的で速いのかもしれません。…スマホさえあれば。
C'est plus rapide!

まず、絵(イラスト)を描きます。
描き慣れてない方は図案を使います。

これを好みの犬の形に変えながら水彩紙に描き写します。

バックを犬の色(好きな色)に合う色で塗ります。
犬の輪郭を水彩色鉛筆でなぞってから、薄く溶いた水彩絵の具で塗ります。ムラが出来る方が犬の毛の質感が出るので、どんどん塗っていきましょう。乾いたら重ねて塗り、深みを出します。

細かいタッチで乾いたら塗り、乾いたら塗りを繰り返すだけで色が濃くなるとともに立体感も出てきます。
もう少しふわふわ感を出したい場合はパステルを上にかけましょう。


目や口等細部はお好みで。なくても大丈夫です。
最後にサインをするのを忘れずに。自分で描いたとわかるように。

ここまでで2時間あれば十分できます。

乾いたらスマホで撮ってハガキの比率にトリミングします。

更にテキストを入れるアプリを使って、新年の挨拶を入れます。

そして人数分プリント!全部で半日あれば出来ますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

大人の方 はじめてのパステル画

寒い日が続きます。大田区から西多摩郡に自宅アトリエを移して最初の冬、とはいえもともとこっちの生まれなのでどうということもないのですが、庭の草木が凍ったり、部屋側の窓に氷が付いていたりするのを見ると、感動の毎日です。
さて、寒い時に部屋を暖かくして、ゆっくりと白い紙に綺麗な色を並べてみるのは極上の喜びです。

先日は大人の方のレッスンでパステル画をやりました。パステルを初めての方々でしたので、色を優しく表現する練習をしました。
パステルはコットンや手を使って紙に伸ばしていきますが、力加減が必要です。均一にふんわりと、そして紙の目にしっかり色を埋めて行く…それが出来るとだんだん写実的な絵も描けるようになります。



いつも最初の練習で行うのは一日を色で表現する課題。




慣れて来たところで好みの色で空を描く課題です。


これは以前私が絵本の挿絵用に描いたものですが(ほぼ指で描きました)、こんな感じで次回は好きな物語を自由に描く課題に進みます。
パステルは手やコットンで描くので自分と画材が非常に近いです。だから、気持ちがダイレクトにそのまま描かれていきます。(そもそも絵とは全部そうなのですがパステルは特に)
優しい気持ちで描けばふんわり優しく、荒々しい気持ちで描けば強く…
ですから物語を描く時、その場面への感情を表し易く、そこが面白いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

子どもから大人まで楽しいクリスマスのリースの制作

小さな制作のためのクリスマスオーナメントをたくさん作ったので、それらを繋げてリースを作りを行いました。
こうなると小さな制作ではなく大人の方でも十分楽しめます。


リースというとデコレーションのクオリティはまちまちでも、花や木の実、リボンなどでできているものが多いですが、
クリスマスにには動物の飾りもたくさん!リースも動物をたくさん使ったらきっと暖かい気持ちになるのでは?!と、思います。

シュタイナー教育ではアドベントに鉱物、植物、動物、人間の順に飾りを変えていきます。どの飾りもステキですが動物飾りは特に心が安らぎます。
機会があってクリスマスに聖公会の教会で見た動物の飾りもとても素晴らしいものでした。

どちらも極めて質素です。本当の美しさや感動は華やかさの中にあるものではないんだなぁと感じさせられました。

さて、オーナメントです。
ボンドで繋げやすいように木の粘土で作ります。
まず、木の粘土を薄く均一に伸ばしてクッキーの型で抜いてオーナメントを作ります。ハサミで好きな形に切って作ることもできます。
クッキー型で抜いた周りの粘土をハサミで切って木の実や花、葉っぱなど作ると無駄なくできます。
一週間ほど乾かします。木の粘土はそのまま木…というかコルクっぽくなるので木工ボンドでつなぎ合わせて蜜蝋ワックスをかけると木のリースの完成です。

繋いでからアイボリーや……飾る場所に合った好きな色で塗るのもおすすめです。

バラバラの時に個別の色…トナカイは茶色で鼻を赤くとか天使は白と薄い青とか、羊はアイボリー、顔は黒にとか…赤や緑、金、白のクリスマスカラーをちりばめると雰囲気も出ます。
好きなように時間をかけて細かく塗り分けるのはもちろん素晴らしく楽しいことです。

このまま飾っても




最後にこの制作の最もオリジナルで面白いところ!

動物を組み合わせる時の空く部分の形を美しくすることです。

パズルのように並べてリースの全体の形を作りながら接する動物とで作る空間のスペースの形を意識すると綺麗なリースができます。
ネガとポジの関係を把握してどちらも美しいフォルムを作るように考えることは最高のアートトレーニングです。

ネガポジを利用したトリックアートで有名なルビンの壺。

人物をオーナメントだとしたらスペースである壺を美しいフォルムにするように考えながら並べるようにします。
大人にも子どもにも適度に難しくて、脳を活発に働かせる心地よさを感じる作業です。

1日教室で組み合わせと色ぬりのところからやる講座は大変好評をいただいてます。
ぜひお試しください。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

手描きの犬のイラストで年賀状を作りました。

季節の巡りにそった体験は心に、身体に、順応性が高くなるのでモチーフやテーマを考える時必ず意識しています。
気分というものに身をまかせるほど良い体験になります。気分は季節や天気なんかに大きく左右されますから。

そんな中、一年の終わりと始まりを結ぶテーマに干支があります。
小さい子の多いクラスでは干支の始まりのおはなしをすることもありますし、大きい子のクラスでも、七福神のデザイン(宝船には干支の動物が乗っている)や干支の動物を写実したり墨絵にしたりします。

↑酉年の墨絵

来年は戌年。犬はとても身近で種類も豊富なので、年齢に合った練習テーマでこれから制作して頂く予定です。

さて、今回大人の方で年賀状用の犬の絵を描きました。毎回1時間ほどで三回で仕上がりました。




ご自身が描きたい絵をお持ちになって、それを見ながらやはりご希望の色鉛筆で描きました。ちゃんと絵を描くのは初めてということでしたが、立体感も、毛の質感もとてもよく描けています。色を考えるのも楽しく、出来上がりにも大満足のご様子でした。

毎年の年賀状も今年は送るのが嬉しい特別なものになりそうですね。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

大人の教室もやってます。

大人教室。パステル、色鉛筆、水彩絵の具を使って描きました。それぞれ描いてみたいものを描きたい雰囲気で描いて行くので、その都度効果的な画材を組み合わせて行きます。









卒園アルバムの挿絵にします・・・という方、今度お子さんと一緒に描いて見ます・・・という方。
みなさん満足のいく仕上がりになったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

大人教室もやってます!

不定期ですが、親子で楽しめる一日教室をやっています。
【親子教室】
・親子(ご家族と子ども)で同じ体験をすることで楽しみを共通し絆を深める。(特に9歳ころのお子さんには、時に親と″習う側″という同じ立場に立つことで心が安らぐ事があります)
・お家の方がお子さんの創作活動をご自宅でサポートできるようなノウハウを学ぶ。
この2つの目的で行っています。

そして最近は大人向けの講座をお引き受けすることがぼちぼち増えてきました。申し込み頂いたらやる…という程度なのですが、ご要望に応じた様々なレッスンを行なっています。その中でいくつか、大切だな、もう少しやってみたいな(^^)と、考えるようになりまして、そのことについて少しずつ書いてみようかと思います。

さて、先日、大人教室で、「i-padイラスト教室」を行いました。

i-padとタッチペンで簡単にイラストが描けるようになります。
今回は猫のイラストを描けるようになりたいというご要望でした。



一度やり方を覚えればご自分で練習するだけです。タブレットとタッチペンがあれば、材料費もかかりません。有料アプリを使ったとしても600円位です。
snsに手描きのイラストを添えたり、グリーティングカードにも使えますし、シールやTシャッツも作れます。アイデア次第で楽しみが広がります。
お子さんにはあまりデジタルイラストを描くことはお勧めしませんが、大人の方が上手に利用してお子さんのためになることをすることはできます。例えば、紙芝居、迷路やぬり絵を作ってあげたり。買ってきたワーク?を使うより、お家の方が作ったものの方が話題も広がりますし、とても好いことだと思います。

例えばお子さんが描いた落書き

色を付けて



さらに加工えお加え、「間違い探しゲーム」を作る。

こんなことも簡単にできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

きらきら輝く展出品者募集中です!

Image

出品ご希望の方はコメントをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

おすすめカレンダー

今年は、Unicefのウォールカレンダーを使っていて、とてもよかったので2012版も買いました。
世界の子どもたちの絵で綴る1年。おおらかで、鮮やか。子どもがこんな絵を描くこの世界を愛おしくなります売り上げの一部は、世界の援助が必要な子どものために使われますので、お買上げをおすすめします。
1318319868978.jpg
写真は今年のカレンダーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

雪の写真

 

Snow Crystals (Dover Photography Collections)Snow Crystals (Dover Photography Collections)

著者:W. A. Bentley
販売元:Dover Pubns
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前紹介した、絵本『雪の写真家ベントレー』の雪の写真集。感動。ひとつとして同じ形がない雪の結晶、自然の神秘とはいいますが❄❄❄❄❄❄❄❄ホント。現代はデジカメで簡単に誰でも美しい写真が撮れるし、いろいろなテクニックで、凄い写真は見慣れているけれど、どんなにシンプルでも対象そのものが美しくて、凄いのは一番説得力あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

今年のカレンダー

新しい年に皆さんはどんなカレンダーを選びましたか?

子どもたちにも思い思いの絵で カレンダーを創ってもらいました。

2007_11080004_2 2007_1216sakuhinn0002 2007_122520070004 2007_122520070005

冬から春へ・・・、楽しい予定でいっぱいになるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)