« 桜の木を描こう。 | トップページ | 白うさぎの小箱を作ろう »

2018年4月 5日 (木)

パステル画 チューリップ

先週フランス語の先生と春散歩していて、フランス語には「健気」にあたる言葉がないことを知りました。
私たちは散歩している時に健気に咲く花につい足を止めてしまうことがよくあります…この日本独特とも言えるの感覚は絵を描く時にとても有効です。

感じる→→→→→ ものすごく感じる

生徒さんたちにはこの矢印の間にある無数の感情を絵に閉じ込めて心を育てて貰いたいと思います。

さて、今日は桜の後は任せてとばかりに咲くチューリップを描いて貰いました。






輪郭線を水彩色鉛筆で描いて置いてパステルでのびのび元気に塗ります。
最後に筆につけた水で輪郭線を溶かしてぼかします。
輪郭をぼかすことで元気な花の中にある優しさ、柔らかさを表現してもらうためです。

生徒さんの中には色々な事情であまり外出出来ないお子さんもいます。でも絵の中では心を思い切りのびのびして、素敵な散歩になります。

|

« 桜の木を描こう。 | トップページ | 白うさぎの小箱を作ろう »

芸術・こども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パステル画 チューリップ:

« 桜の木を描こう。 | トップページ | 白うさぎの小箱を作ろう »