« バナナを描く | トップページ | 幾何学模様の布バッグでイメージトレーニング »

2018年3月 8日 (木)

宝物箱を作ろう

木の箱に好きな色を塗って
何を入れようか…

絵画展で鑑賞するときは、どれかひとつ貰えると思うと良いといいます。
自分の物になる物はぐっと身近で隅々まで関心が強くなりますから。

これから自分の宝物入れになる木の箱…どんな色、どんな柄にしようかなと考えて作るのはとても楽しく真剣な時間です。

さて、まず下塗りに白のアクリル絵の具を塗ります。木の箱は吸い込みが良いのでくすんだ色になるので、一度下塗りをすることで上に塗る色の発色を良くします。

更に下塗りで絵の具の濃さや筆の使い方の練習になるので一挙両得。

下塗りが済んだらそこにマスキングテープで柄を付けます。
上から好きな色で塗って、マスキングテープを剥がすと、マスキングテープの張っていた形に白く抜けます。

今回のクラスは小さい方も多いのでここで完成!
時間の残った子はマスキングテープで抜いた部分に更に色を塗ります。

テープの貼り方や絵の具の濃さ、筆の使い方によって、テープのサイドから絵の具が染み込んでしまいくっきりとした形にならない場合もしばしばですが、初めてですからそういう体験こそ大切です。流れた部分を上手く模様に見立て💛みんなお気に入りの宝物箱ができたのではないでしょうか。




|

« バナナを描く | トップページ | 幾何学模様の布バッグでイメージトレーニング »

芸術・こども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝物箱を作ろう:

« バナナを描く | トップページ | 幾何学模様の布バッグでイメージトレーニング »