« どうぞのいすを作ろう。 | トップページ | バナナを描く »

2018年2月23日 (金)

和紙と粘土で小さなひな人形を作りました。

昨日の療育アートのクラスでは男雛と女雛を作りました。



紙粘土でずんどうの形を作って、軽く乾かしてから和紙に水彩絵の具を滲ませて作った色紙をちぎって貼っていきます。


着物の色を選ぶのも楽しい作業ですね。

滲ませて作った色は濃淡があるので、例えば一見して「赤」と思っても、ちぎると沢山のちがう色になります。
それを張り込むのでとても複雑な色合いを帯びてとても綺麗な着物になります。
頭まですっぽり包む小人さんみたいな衣装にしたら顔や小物などを別の色紙で貼り付けて完成です。



楽しいひな祭りを(^.^)

|

« どうぞのいすを作ろう。 | トップページ | バナナを描く »

芸術・こども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和紙と粘土で小さなひな人形を作りました。:

« どうぞのいすを作ろう。 | トップページ | バナナを描く »