« それぞれの雪景色 | トップページ | 木のお家完成です。 »

2018年2月 5日 (月)

ぐるぐるうずまきの練習とカタツムリ

ぐるぐるうずまきを描く練習です。
このような線描画の練習は、そうとは知らずに自分のまんなかを意識することができます。この自分の中心をしっかり持つことは子どもには極めて大切なことで、あらゆる思考や行為の基本となります。
太字でそうとは知らずと書きましたが、美術にはやっていることとまた違う、自分にとって良い結果をもたらすことが含まれています。そしてそれはそうとは知らずにやっているから楽しくて長続きするのです。
クラスのあるお子さんのお母様が「ディズニーランドの予定を変更しても来たいと言うんですよ」と仰っていました。
ディズニーランドより、自分の真ん中の訓練を選ぶはずはなく、ただただ、今日は何作るんだろ💛と思って来てくれるんだろうと思います。だから私も、本当に学んで欲しい難しい練習を楽しい色とかたちで覆い隠すことにますます熱心になるのです。

さて、ぐるぐるです。
まず、カタツムリの詩を読んで楽しいぐるぐるのイメージを作ります。


練習
初めは、
外から中へ
中から外へ
の二重のうずまきをバランス良く描くことが難しいかった子どもたち。

線の感覚が均一でなかったり、太さも安定しません。
ここで「もう一度練習したい」の声も!そうなんですね、美しいバランスの完成形は子どもたちの中にすでにあるのですね。
だからそうしたいと自ら思うんです。
そして、何度か練習して本番です。
絵の具を使って滲ませながら色を楽しみます。

どうでしょう。あっという間に上手になりました。
子どもたちの眠っている力は計り知れませんね。



これは大きい子たちのクラス

最後にカタツムリの殻のぐるぐるをクーピーで描いたら絵の具で塗りました。





これは描いてもらったうずまきを加工してパターンはほしたものです。すごくステキ!色々な物に使えそうですね。

|

« それぞれの雪景色 | トップページ | 木のお家完成です。 »

芸術・こども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぐるぐるうずまきの練習とカタツムリ:

« それぞれの雪景色 | トップページ | 木のお家完成です。 »