« 大人の方 はじめてのパステル画 | トップページ | 形を正確に描くために »

2017年12月22日 (金)

墨を使ってパンダを描こう!パンダ塗り絵付き。

今日は濃淡の練習を行いました。
濃い薄いは色が付いているとわかりにくいので、モノトーンで行います。
今旬である絶好のモチーフはパンダ!
墨と筆を使ってパンダを描いてみましょう!
小学生が、墨を使うと言ったらお馴染みの書道、でも絵とは全く違います。
それを確認するためにも少し練習して画材に慣れてから。

竹を描いて墨の濃度や、筆の扱いを確かめます。

さて、パンダです。今日は写真を見て描きます。色々なポーズをするパンダはとっても愛らしいのですが、出来るだけしっかりと立っているか座っているのがベスト。ひっくり返っていたり、グニャっとしていたりしていないものを選びます。
初めから特殊なものを選ぶのではなく、自分の中で特殊なものにすることが大切です。

絵を描く墨は青墨をおススメしていますが、今日はクラスの都合で墨汁です。まず薄墨を作り薄い部分から描いて、だんだん重ねて濃くしていきます。
形が取れて来たら耳や目、手足などの濃い黒を塗ります。紙が乾いたところから重ね塗りするようにしましょう。全部濡れていたら地面や草などを描きながら乾くのを待つといいですよ。


黒だけでもしっかりかけました。


小さいお子様にはうっすらと輪郭だけのパンダを用意してあげると💕

|

« 大人の方 はじめてのパステル画 | トップページ | 形を正確に描くために »

芸術・こども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墨を使ってパンダを描こう!パンダ塗り絵付き。:

« 大人の方 はじめてのパステル画 | トップページ | 形を正確に描くために »