« なかなか会えないシャンシャンを想って💕顔彩で描きました。 | トップページ | 墨を使ってパンダを描こう!療育アートクラス »

2017年12月28日 (木)

一日で出来る犬の絵の手描き年賀状

年の瀬も押し迫り、年賀状も投函したぞー!という方が多い今日この頃ではないかと思いますが、今から作る!しかも絵を描くところからという生徒さんがいらっしゃって…
しかし、考えてみれば印刷屋さんに頼むより、スタンプ押すより、効率的で速いのかもしれません。…スマホさえあれば。
C'est plus rapide!

まず、絵(イラスト)を描きます。
描き慣れてない方は図案を使います。

これを好みの犬の形に変えながら水彩紙に描き写します。

バックを犬の色(好きな色)に合う色で塗ります。
犬の輪郭を水彩色鉛筆でなぞってから、薄く溶いた水彩絵の具で塗ります。ムラが出来る方が犬の毛の質感が出るので、どんどん塗っていきましょう。乾いたら重ねて塗り、深みを出します。

細かいタッチで乾いたら塗り、乾いたら塗りを繰り返すだけで色が濃くなるとともに立体感も出てきます。
もう少しふわふわ感を出したい場合はパステルを上にかけましょう。


目や口等細部はお好みで。なくても大丈夫です。
最後にサインをするのを忘れずに。自分で描いたとわかるように。

ここまでで2時間あれば十分できます。

乾いたらスマホで撮ってハガキの比率にトリミングします。

更にテキストを入れるアプリを使って、新年の挨拶を入れます。

そして人数分プリント!全部で半日あれば出来ますね。

|

« なかなか会えないシャンシャンを想って💕顔彩で描きました。 | トップページ | 墨を使ってパンダを描こう!療育アートクラス »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一日で出来る犬の絵の手描き年賀状:

« なかなか会えないシャンシャンを想って💕顔彩で描きました。 | トップページ | 墨を使ってパンダを描こう!療育アートクラス »