« 紙粘土で作る半立体の壁かけ | トップページ | 色とかたち美術の教室 作品集 »

2017年11月 9日 (木)

すごく簡単に作れるランプシェード。クリスマスに灯を楽しもう。

冬の季節に火を灯し過ごした時間は、なんでもなくても忘れられない大切な思い出になるのだと思います。
私が関わったシュタイナー幼稚園、自主学校でもそういうひと時をとても大切にしていました。
物語を語る時、お誕生日会…オレンジ色の灯が時間を優しくて暖かいもので包んで胸の底の人として成るための大切な場所に刻みつけてくれているみたいです。

どの子も楽しみにしているクリスマスには小さな灯の輝きを楽しんでもらいたいと、そんな時間を持つきっかけになるようなランプシェードを作りました。


乾くと固まるものであればだいたいどのような粘土でも作れますが 今回、時間に制約があるクラスなので紙粘土を利用しました。

クッキー型(ツリーと猫)で形を抜いて、灯が漏れるようにしてあります。
生乾きの粘土に色付けするので、絵の具を垂らすようにしながら色を付けしてもらいました。時間に限りがあってもその中で工夫して結果的にもっと良いものを作ることができれば、その子は大きく成長します。そのために短い時間でもゆったりと楽しめるような内容に絞り込んであります。


↓部屋を暗くすると



とてもきれいです。
紙粘土ですから安全の問題でろうそくはLEDのろうそくタイプのものを使いました。

↑これです。


いろいろ探して最安値で、一つ38円+送料!
これなら生徒さん全員に持って帰ってもらえますので。

紙粘土は100円ショップで手に入るものの半分のサイズでできます。クッキー型と絵の具代と送料を別にして、だいたい100円あれば出来るはずです。
制作時間は1時間。クリスマス向けのイベントなどで、ぜひやってみてください。


みんなの作品。
色合いを考えながら絵の具を垂らします。混ざり合った絵の具が綺麗に響きあうことに思わずハッとする子どもたちの様子がとても嬉しいです。



また、別のクラスでは陶芸粘土やオーブン粘土で作りました。これなら本物のろうそくも使えます。ろうそくの香りも一緒に楽しめてステキでした。
ろうそくから作ったりもしています。

↑このろうそくはミツロウクレヨンで色を付けているので火をつけるとふんわりとミツロウの香りがします。

|

« 紙粘土で作る半立体の壁かけ | トップページ | 色とかたち美術の教室 作品集 »

芸術・こども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すごく簡単に作れるランプシェード。クリスマスに灯を楽しもう。:

« 紙粘土で作る半立体の壁かけ | トップページ | 色とかたち美術の教室 作品集 »