« 色とかたち美術の教室 作品集 | トップページ | アクリル画。絵は描いた人を映す。 »

2017年11月15日 (水)

うさぎのパーティ屋さん bunny bunny💛

私ごとですが…

妹が始めた小さなビジネスのためにロゴマークを作りました。



かわいいうさちゃんの💛bunny bunny💛

女子のみなさんやママさんたちのpetite fête et grande fête(小さなパーティと大きなパーティ)をお手伝いするうさぎさんです。



パーティのメインは?
おめでとうの会?元気でねの会?とにかく美味しいものを食べる?綺麗になる講座?お料理教室?子どもと一緒にコスチューム撮影会?…
ご予算とご希望に合わせたいろいろなアイデアで必要なものを調達いたします。働き者で親切なうさちゃんが、ステキな思い出作りにひと役買うこと間違いなし!
こんなビジネスです。

楽しそうなので私もお手伝いしたくて、
親子で楽しめるアートレッスンや、シュタイナー関係の子育てワークショップなど、ただ騒ぐだけにならない、心が潤うような体験会をやってみたいと考えています。この時期だったらろうそく作りとかいいかなー…。
親子でアートを楽しんだり。子どもたちがアートしている間にお母様たちがゆっくりおはなしできるのも大切なことですし、お母様だけでアート体験するのも貴重な時間です。
例えば、子どもたちへのサプライズプレゼントを制作して、その後ゆっくりお食事をして…余裕があれば軽めのワインも。まだまた余裕があれば、今話題のスイーツも。お土産には並ばないと買えないパンを!これは明日の朝食に…。なんてね。

私の子どもはシュタイナー系幼稚園だったので、少しも派手なことなんてなかったけれど、ママたちの集まりはしょっちゅうでした。
先生を招いてノエルの贈り物を作ったり。幼稚園のバザーのための品物を作ったり。このような時間は本当にかけがえのない体験でした。(これが高じてプロの人形作家になった方もいます)
手先を動かすことで人は緊張がほぐれます。共通の目的のために集まったこともあり、あまり親しくなかった方ともリラックスしておはなしができて、その人のステキなところを発見できます。

話逸れますが…シュタイナー教育の中では集会の場でミツロウ粘土をこねながら参加することがあるそうです。
実際にある小学校の特別講座にシュタイナー幼稚園の先生をお招きして講座を開催した時に参加者にミツロウ粘土を手渡しました。
後で聞くと、皆さんすごく集中して聞けたとお話されていました。
会議の席でも同様で、手先を使うことで緊張が緩和されるし頭もクリアになるので良いアイデアも生まれるのです。ぜひ会社なんかでもやってもらいたいけれどちょっと不思議な光景になりますね。

さて、ママ友って…
不思議な存在です。
多くは子どもの学年が同じことでママ友になるのでママの年齢は関係なく、友だちです。
学生時代の友だちや職場の友だちが注釈なしの本当の友だちだとしても、ある部分でママ友は本当の友だち以上に大切で苦楽を分かち合える存在です。
子育てというものすごく大変で最高にハッピーな時期を一緒に歩いた同士ですからね。ある時は羨ましすぎて妬ましく、でも子どもが病気と聞くと心配で心配で矢も盾もたまらず良い病院さがしに奔走する。こんな矛盾したのも愛ですよね。

bunny bunnyのInstagramをリンクにしましたので
ママ友を作ったり、ママ友ともっと仲良くなったり、ママ友関係なくても子どもに楽しいイベント体験をさせてあげたいなとお考えでしたら覗いてみてください。



子ども関係なしの女子会企画も楽しそうです。

|

« 色とかたち美術の教室 作品集 | トップページ | アクリル画。絵は描いた人を映す。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うさぎのパーティ屋さん bunny bunny💛:

« 色とかたち美術の教室 作品集 | トップページ | アクリル画。絵は描いた人を映す。 »