« 子ども教室 花を描く練習 | トップページ | 『星の銀貨』を描いてみよう。 »

2017年10月 8日 (日)

おはなしを聞いて絵を描く おすすめの本

素話を聞いて絵にすることは、想像力を鍛えるには最も適した課題ですからできれば毎週でも行いたいくらいです。
おはなしと絵のレッスンの時は
どんなおはなしを選んで
どう語るか
部屋の雰囲気作りは?
画材は?
存分にイメージを引き出すために生徒さんの年齢に合わせた様々な下準備が必要です。

例えば、土曜日にもっているクラスは90分なのですが、1時から3時半までの間と時間枠に余裕を持たせてあり、遅刻して来てもその分終わり時間を延ばせるようになっています。皆さん忙しい中の子育てですから少しでも通いやすいように、そして、バタバタっと来て直ぐに制作する気持ちになれない場合でも焦らず始められるようにと考えています。
こんな風に子どもたち出たり入ったりするクラスはずっぽり話に浸るのはまず難しく、お話をプリントしたり、すごく短いものにしたり工夫が必要です。
一方で、自宅のアトリエでのレッスンはおはなしを聞く状況作りには最適で、場合によってはろうそくを灯したりも出来ますし、暖かく集中できる環境を作って子どもたちはスッとおはなしの中に入っていけますから少し長めのおはなしも充分聴けます。

さて、いろいろな状況がある中でおはなし選びにとても便利なのが
東京子ども図書館 編集の
『おはなしのろうそく』です。

もう20年位は使ってますが、グリム 民話を中心に世界の良質のおはなしが収められていて、長さのバリエーションも広い。
最も気に入っている点は、話に勝手なアレンジを加えていないところです。永く語り継がれたおはなしには力があります。やむなく手を加えるとすれば読む側が様々な事情に合わせてそうする、そうできるように出来るだけ原文に近い形が望ましいと考えています。そういう部分で、かなり信頼できる本です。挿絵もとても可愛い。
以下、東京子ども図書館の説明を載せておきます。
「てのひらにのる小さなお話集です。幼児から小学校中・高学年までたのしめる日本や外国の昔話、創作、わらべうた、指遊びなどを数編ずつ収録。いずれも実際に子どもたちに語った経験をもとに編集しています。1973年刊行開始以来、語りのテキストとして圧倒的な支持を受け、現在までの総発行部数が177万部のロングセラーです。図書館、文庫、幼稚園・学校、家庭などでの読み聞かせにもご利用ください。
おはなしのろうそく1~31[以下続刊]
東京子ども図書館編 大社玲子さしえ A6判  48ページ
各432円(増刷時に順次540円に価格改定しています)」



しかし、私が買った時は一冊340円程だったのに…高くなったなー。びっくり。内容は素晴らしいですがね、本の形態を考えたらとても高い!540円って…。


以下おはなしを聞いて描いてもらった作品の一部です。










|

« 子ども教室 花を描く練習 | トップページ | 『星の銀貨』を描いてみよう。 »

芸術・こどもの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おはなしを聞いて絵を描く おすすめの本:

« 子ども教室 花を描く練習 | トップページ | 『星の銀貨』を描いてみよう。 »