« すすめの本「気になる子どもとシュタイナーの治療教育」 | トップページ | おはなしを聞いて絵を描く おすすめの本 »

2017年10月 7日 (土)

子ども教室 花を描く練習

今日は花を描く練習です。このクラスは土曜月一回のクラスなのでゆっくりとステップアップしてます。
一見複雑そうに見えるカーネーションの花を選びましたが、細部を見過ぎないで全体の塊を見るようにするにはちょうど良い花です。例えばガーベラのような花だと塊が見えにくいのです。

ひとり1つのカーネーションを持って見られるようにお花を用意しました。
花の赤をよく見ると薄いところ、濃いところ、黄色っぽいところバラ色、オレンジ、紫がかった赤…いろんな色が見つかります。
子どもたちは実験をする科学者のように色を作って、集中して塗って行く事ができました。
バックは壁ではなくて、空気です。空気を見えるように色をつけてカーネーションに物語を与えます。

ステキな絵になりましたね。

|

« すすめの本「気になる子どもとシュタイナーの治療教育」 | トップページ | おはなしを聞いて絵を描く おすすめの本 »

芸術・こども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子ども教室 花を描く練習:

« すすめの本「気になる子どもとシュタイナーの治療教育」 | トップページ | おはなしを聞いて絵を描く おすすめの本 »