« 療育クラス 七夕 | トップページ | はじめは人魚姫でした。 »

2017年7月 6日 (木)

マグリットみたいになった立体の練習のつづき

前回作ったシュールな雲のキューブ
これを見て描く練習をしました。



3Dを平面に…最初は捉えどころがないものですが、とりあえずやってみる。

最初はこんな感じに

うーん。やはり目線があちこちになる。

で、目線をアドバイスすると


なかなか。でも線が結びついてない。

と、おもったら…

こういうことでした。
箱がめくれてしまって少し開いてるところもちゃんと見て描いてくれてたのです。

下絵がまとまって来たら
キャンバスボードに描きます。
そして着色。
まだ透視図法が難しいお子さんでも色の明暗で立体らしく描くことができます。

モチーフと全く同じでは絵になりませんから、雲を大きくしたり、細部に手を入れます。
最後に構図の不具合を調整するためにテーブルを描き入れました。




|

« 療育クラス 七夕 | トップページ | はじめは人魚姫でした。 »

芸術・こども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マグリットみたいになった立体の練習のつづき:

« 療育クラス 七夕 | トップページ | はじめは人魚姫でした。 »