« 学校に行けなくても | トップページ | シュタイナー教育から取り入れたい小さいけれど大切なこと⑧ »

2017年6月24日 (土)

美術をやって数学も強くなる!

私が子どもの絵の先生になって何年か経つ頃に教えてた子が大学生になり❣️
その彼が私の展覧会に来てくれた。
今アルバイトで小学生の算数の受験指導をしていて…という話を興味深く聴く。
…算数が苦手な子の問題点はだいたい同じで、発想力の欠如なのだそうです。
設問をいろんな方向から考えて効率的な解き方を閃くセンス。それが足りない。

そんなようなセンスは毎日をどう過ごすかで培うことができるものです。
日常的ないろんな事に対しても、たくさんのアイデアが浮かぶ子は勉強もできるのでしょう。

だけど、みんな美術の教室に通えばいいのにとまた強く思ってしまう。

制作はそれこそアイデアをひねり出す訓練そのものなんだから。
もちろん勉強だけではなく、遊びを自分で作る子にもなれるんです。たぶんそういう子がクラスをリードしてゆきます。

大学生の彼はウチに通って来ていたころ、思いついたことをどんどんやってみて、素晴らしい作品になったり、作品自体が崩壊したり…面白かったなー。なにより体を動かすのが好きという野球少年で、少し落ち着けば良いと、お母様がウチの教室の門を叩いたのでした。
今では立派な大学の運動部に所属して、逞しく成長してくれました。
昔の作品が残っていればご紹介できたのに…残念。以前はブログもスマホもなかったからなぁ。

さて、そんな訳で閃きの練習をしたい方〜もし本人が嫌でなかったら、ぜひぜひお近くの美術教室を試してみてください。


↑物語を読んだ後に蛇というテーマで描いてもらった絵。蛇の顔だけ描くなんて斬新だわ。



ヽ(^o^)色とかたちの教室は、瑞穂町/自由が丘/川崎市で開講してます。子どもクラス/大人クラス/療育クラス

|

« 学校に行けなくても | トップページ | シュタイナー教育から取り入れたい小さいけれど大切なこと⑧ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術をやって数学も強くなる!:

« 学校に行けなくても | トップページ | シュタイナー教育から取り入れたい小さいけれど大切なこと⑧ »